ルーレット / カジノ | ドラクエ10 攻略の虎

バージョン3.4前期情報
アスフェルド学園

最新ニュース・アップデート情報

施設

攻略チャート

攻略マップ

職業

クエスト

装備品・アイテム

職人レシピ

モンスター

迷宮・ピラミッド・魔塔・邪神

宝箱

お役立ち情報

情報提供など

基本情報

プレイガイド

ルーレット

ルーレット

回転するルーレットに36個の数字+宝箱のポケットがあり、
どこにボールが入るかを予想するゲームです。
ここでは代表的な賭け方をご紹介します。

マーチンゲール法

おそらく一番有名な賭け方。
負けにくいですが、勝っても儲けが低いため非常に時間がかかります。

要はオッズ2倍の場所で1枚賭けて、負けたら次は2枚賭ける、
さらに負けたら4枚...8枚と増やしていくやり方です。

例えば1階でオッズ2倍の場所に1枚だけ賭けた場合、
勝ち → +1枚
負け → 2枚賭け → 5枚賭け → 10枚賭け → 20枚賭け(2階) → 50枚賭け(2階) → 100枚賭け(2階)

と連敗してもどこかで勝てば儲けが出る仕組みです。
オッズ2倍の場所で6連敗する確率は約1.5%なので、負ける確率は非常に低いです。
ただし6回目に勝ったとしても儲けは微々たるもので、これを何回も繰り返すくらいなら
カジノ香水を使って落ちてるコインを拾っていたほうが断然儲かります。

なので、マーチンゲール法を使うなら最初の掛け金を,もう少し増やしたほうがいいでしょう。
ただし連敗できる回数は減ります。

ココモ法

これは3倍以上の配当がつく場所に賭ける際に用いる方法で、
マーチンゲール法よりも賭け金が少ないので、より安全性が高いです。

下記は管理人が実際に試した賭け方の一例です。2階で行ないました。
マーチンゲールと同じように勝ったら1回目に戻ります。
結果は2時間程度で1000→4000枚に増えました。
枚数が増えると連敗できる回数も増え、さらに安全になりますし、
最初の段階で賭ける金額を増やして儲けを増やすこともできます。

  1回目 2回目 3回目 4回目 5回目 6回目 7回目 8回目
賭け金 10枚x4 10枚x4 20枚x4 30枚x4 50枚x4 80枚x4 100枚x7 100枚x12
配当 120枚 120枚 240枚 360枚 600枚 960枚 ①1800枚
②2400枚
①3000枚
②3600枚
①3900枚
②4500枚
賭け合計 40枚 80枚 160枚 280枚 480枚 800枚 1500枚 2900枚
利益 80枚 40枚 80枚 80枚 120枚 160枚 ①300枚
②900枚
①100枚
②700枚
③1000枚
②1600枚


1回目~6回目はオッズ12倍に4箇所賭けています。


7回目は6倍エリアに3箇所追加しています。
①は12倍、6倍のエリアに入った場合。
②は12倍、6倍、6倍に入った場合


8回目は12倍エリアに4箇所と3倍エリアに1箇所追加しています。
①は12倍、9倍、6倍、3倍のエリアに入った場合。
②は12倍、9倍、6倍、6倍、3倍に入った場合
③は12倍、9倍、9倍、6倍、3倍に入った場合
④は12倍、9倍、9倍、6倍、6倍、3倍に入った場合


このやり方で8連敗する確率は理論上約4%程度らしいですが、
10連敗した方もいますので、あくまで賭け方の一例として参考にしてみてください。


情報提供、コメント
名前 (必須)
コメント(必須)
なりすまし行為の対策として、subID機能を設置致しました。subID機能についてはこちらをご参照下さい
(subIDが必要ない方は、今までと同じように名前とコメントだけ記入して下さい。)
subID  (英数字)
PASS  (英数字)
スポンサーリンク