しばりプレイについて | ドラクエ11 攻略の虎

ドラクエ11 攻略の虎
ドラクエ11 攻略の虎は、攻略に必要なデータベースや攻略地図、素材情報など見やすく、分かりやすく解説しています!

しばりプレイについて

縛りプレイとは

縛りプレイはやり込み要素の一種で、意図的になんらかのプレイに制限を設ける遊び方です。
メジャーな縛りプレイに「低レベルクリア」というものがあり、これはいかにキャラクターのレベルを上げずにストーリーをクリアできるかを競うプレイです。
こういった縛りはプレイヤー自身が何を制限するかを考えてプレイする遊びでしたが、ドラクエ11ではシステムとして縛りプレイが用意されています。

ドラクエ11の縛りプレイ

ドラクエ11には4つの縛りプレイが用意されており、個別に設定することもできますし、4つすべて縛ることもできます。 縛りプレイは「さくせん」コマンドからいつでも設定することができ、途中であきらめることもできます。

※縛りプレイでクリアしてもトロフィーなどは特にないそうですが、すれ違いで縛りプレイの状況が相手に見えるため自慢(アピール)にはなります。

しばり① 買い物ができない

町にあるお店で買い物ができない縛りプレイです。
※詳しい情報は発売後、実際にプレイしてから記載致します。

しばり② 戦闘から逃げることができない

敵との戦闘から逃げることができない縛りプレイです。
思わぬ強敵と遭遇しても逃げることができないなかなか難易度の高い縛りです。

しばり③ 防具を装備できない

防具を装備できない縛りプレイです。
防具なしでもレベルを上げたり工夫をすることでクリアは可能とのこと。
それにしても相当難易度の高い縛りプレイになることは間違いないでしょう。

しばり④ ゲーム中ずっと「恥ずかしい呪い」がかかる

町の人と恥ずかしくて話せなかったり、戦闘中はパンツのゴムがゆるんで体が動かなくなったりします。 町の人と話せないという縛りについては何度か会話をすることで話ができるそうですが、戦闘中の恥ずかしい呪いはバトルの難易度に直結するためかなり大変。
ギリギリまで回復せずにいるといざというときに呪いの効果で動けなくなるかもしれませんね。
パターンはかなりたくさん用意されており、すべて堀井さんが考えたそうです。

はずかしい呪いの行動パターンについてはこちらでまとめます



情報提供、コメント
名前 (必須)
コメント(必須)
スポンサーリンク

攻略チャート

ドラクエ11 攻略マップ

システム

覚える呪文・スキルパネル

装備品・アイテム

ふしぎな鍛治

カジノ・ミニゲーム

サブコンテンツ

モンスター

すれちがい通信

やりこみ・調査

その他の情報

小ネタ

最新情報・コラボ

製品情報

発売前情報